2008 東京都.多摩近郊
建築工事:渡邊技建
家具:真吉
写真:michiho

普通の家+αが畑(=生きている庭)
「αは畑だけじゃないよ!まだ月見台や大きな物干場、メダカ池とかさ(笑)」と
SKさんの声が聞こえてきそうです。

「普通の家がいいな、ひかえめな感じでね!台所やお風呂などは両親と一緒がいいです。
そうそう本と畑は大切ですよ。」とSKさん。
古家があり、改修するか建直しをするか悩まれた末、後者を選ばれました。
新築は古家のあった場所に、同じ大きさとしたので庭の広さはそのまんま。
必要なだけの床面積と高さにしたので、二世帯なのに古家より隣家より小さくなりました。
おさえた外壁に瑠璃色の扉と木々が映える…

普通の家=夏涼しく冬暖か、強くしなやか、住む人や近隣にも優しく、
日々の暮らしが気持ち良く、経年変化が楽しめ、使い勝手が良く、
素朴でなんとなく美しく、永く愛着が持てる家…かな?