2011 東京都国立市
建築工事:みどり建設 内装工事他:DIY
写真:荒木正則

住み慣れた築六十数年の借家が解体する事になり、新たな新居を探す事になった。

やっと希望通りの土地付き築四十数年の家が見つかりリフォームしたかったが、
諸事情ありまして、その家を解体して新築する事にした。
当然(?)ローンを組んだのですが、月々の支払いは今までの借家の家賃と同じに設定した。
今まで家賃を滞納しないでやってきた(当たり前か)のだから、これからも無理をしない。
それに家本体ばかりにお金をかけすぎるのはどうかと(わたしが言うのもなんだが)。

その家の中で外で楽しくささやかだけれど、美しい暮らしが大切だと思っております。
設計の仕事も無理せずに、今まで通りひとつひとつ丁寧に向き合いたい。
家は、設計事務所と妻の道具の店も兼ねた「家店」とした。

家と家族(チームテラバヤシ)で一丸となって働き、家にもかせいでもらい、

猫だって仕事をしてもらう(招き猫・笑)。

土地は14坪弱と小さいうえ、商店街の防火地域にあるため木造だと普通は2階建てまでである。
風通しのため隣家と距離をあけ北側の家にも陽当たりをと考えると延べ面積は17坪と小さな家となった。

少ない予算だが、構造や断熱性能、外装、基本設備等は普段の設計と同じくケチらなかった。
そうしたら内装は無いそう(笑)だ。
人の成長にあわせて自らの手でつくりあげ、少しずつ家も成長していけば良いと思っている。

今までの家づくりは、妻の店のブログ[テラ・コヤ+musubiができるまで]をご参照くださいね。

http://blog.musubiwork.jp/?cid=23072